メリーゴーランド

昔の裕翔くんが歌うメリーゴーランドの歌詞好きでした

私はHey!Say!JUMPが好きじゃなかった。

わたしは多分、Hey!Say!JUMPを本当の意味では好きじゃなかったんだと思う。



元々、JUMPはその時期のJr.の各グループのエース達(センター?)を集めたグループだったし、みんなのことはそれなりに知ってた(圭人は例外)。名前と年齢とグループ内でのキャラと立ち位置、自担の裕翔くんとの関係ぐらいは知ってた。Jr.の頃、お兄さんたちは裕翔くんのことを可愛がってくれていたし、それに甘える裕翔くんを見るのが大好きだった。デビュー前、J.Jページに載らなくなった頃山田とシンメになっていて、私はやまゆとコンビがとても好きだった。でもそれは、私の好きな裕翔くんが同い年の山田に尊敬されていて、山田の追いつきたいっていう気持ちと裕翔くんの余裕のあるスタンス、山田が同い年なのに「裕翔くん」って呼んでいた、この関係性が好きだったんだと今は思う。


JUMPが発表された横アリ、中学生地方住みの私は当然その場にいなかったから、デビュー曲を初めて見たのは多分次の日のWSだったと思う。エリートコースでちびジュの中では常にセンターをはっていた裕翔くんがAメロを歌って、センターにいて、デビューシングルのCDジャケットもセンターで、何ならジャニーズWebのHey!Say!JUMPのページの名前順も裕翔くんが一番上だった。私はそれに何の疑いもなかったし、むしろ当たり前だと思っていた。裕翔くんが人気があるかどうかは現場に行けない私にとってはわからなかった。だけど、いわゆる"オキニ"であることだけはわかっていた。だから、当たり前だと思っていたのかもしれない。


その当たり前が崩れたセカンドシングル。これは色んなところで語られているから本人達の気持ちが当時のもうわかっている。だけど、私はとても悔しくて。当時はTVに出てもカメラ割りは不平等だったから映らないメンバーからしたら良い方だったことはわかっているけど、裕翔くんがとても心配になった。


JUMPは、寄せ集めのグループだったから、グループ自体に思い入れなんて最初はなかった。Jr.からデビューまで同じグループで頑張ってきたKAT-TUNやキスマイが羨ましかった。私もそういう風に応援したかった、と本気で思っていた。裕翔くんは馴染めているのか、圭人は大丈夫なのか、元々沢山歌っていたYaの2人は、J.Jで良い歌割りをもらっていた3人は、どんな気持ちなのかとか色んなことを考えた。彼らが納得していたとしても、考えてしまうし、元々そんなこと考えたくなかった。何より、裕翔くんが一番じゃなくなることを認めたくなかった。裕翔くんはセンターで、他のJr.よりヒラヒラの多い衣装を着てる、それで僕はここにいるのが当たり前、そんな裕翔くんを好きになったから、それ以外の裕翔くんを知らなかったから。


裕翔くんが好きだからJUMPを見る。裕翔くんが好きだから裕翔くんのページだけ読む。裕翔くんが好きだからJUMPも好き。裕翔くんに会うためにJUMPのライブに行く。ずーっとそんな感じだった。


裕翔くんが浮いている、メイキングで1人でいる、メイキングで映りすぎ、、

真夜中のシャドーボーイのとき、こんな話がよく出ていた。裕翔くんはみんなに嫌われているのか?裕翔くんは居場所がないんじゃないか?やまちねって騒がれすぎ!やまゆとは?


今となれば、解決している問題だけど当時はそれがとても嫌だった。裕翔くんだって頑張ってるのに!と幼い私は本気で思っていた。真面目すぎるところがあるし、お兄さんたちに甘やかされてたけど!と心配していた。


理想の息子出演、スパデリの発売。山田のバーターじゃんって思って、あんまりうれしくなかった。今考えると、バーターではないことはわかる。だけど、山田と最近仲良しそうな雰囲気がないこと、裕翔くんはJUMPで扱いづらそうにされていることで、あんな振り付けで、それでいいの?って思った。辛いんじゃない?って。裕翔くんがやまさんのことを本当に尊敬していて、好きなことはそんな中でも感じていて、それにもがいている裕翔くんを見るのがとても辛かった。趣味を広げて行くことも少し不安だった。


でも、裕翔くんがふっきれて、やまゆとの氷河期が終わった頃、私も少し大人になっていた。JUMPは大きなものになっていた。


本当に少しずつ、スパデリ以降少しずつ、裕翔くんのJUMPの中の立ち位置とかメンバーそれぞれが考えていることとか受け止められるようになっていった。裕翔くんだけじゃなくてJUMPが9人でやっていくこと、その覚悟をちゃんと見届けたいなぁと思うようになっていった。JUMPが危機感を持っていたこと、山さんが1人で抱えていたこと、みんなでやろうとダンスを揃え出したこと、見ていたようで見れていなかったんだなぁと反省した。


よく考えたら、唐突にグループを好きになるなんて無茶な話で、あの頃はそれこそメンバー全てのファンが戸惑ったと思う。私は子どもすぎて、その現実を受け止められなかったんだと思う。10年経って、紆余曲折あって、やまゆと終戦記念日があって。


Jr.の頃の関係性も、氷河期の関係性も、今の一緒にゲームする関係性も、お互いを認めているやまゆとがやっぱり大好き。



少し時間がかかったけど、私はHey!Say!JUMPのことが大好きになった。