私はHey!Say!JUMPが好きじゃなかった。

わたしは多分、Hey!Say!JUMPを本当の意味では好きじゃなかったんだと思う。



元々、JUMPはその時期のJr.の各グループのエース達(センター?)を集めたグループだったし、みんなのことはそれなりに知ってた(圭人は例外)。名前と年齢とグループ内でのキャラと立ち位置、自担の裕翔くんとの関係ぐらいは知ってた。Jr.の頃、お兄さんたちは裕翔くんのことを可愛がってくれていたし、それに甘える裕翔くんを見るのが大好きだった。デビュー前、J.Jページに載らなくなった頃山田とシンメになっていて、私はやまゆとコンビがとても好きだった。でもそれは、私の好きな裕翔くんが同い年の山田に尊敬されていて、山田の追いつきたいっていう気持ちと裕翔くんの余裕のあるスタンス、山田が同い年なのに「裕翔くん」って呼んでいた、この関係性が好きだったんだと今は思う。


JUMPが発表された横アリ、中学生地方住みの私は当然その場にいなかったから、デビュー曲を初めて見たのは多分次の日のWSだったと思う。エリートコースでちびジュの中では常にセンターをはっていた裕翔くんがAメロを歌って、センターにいて、デビューシングルのCDジャケットもセンターで、何ならジャニーズWebのHey!Say!JUMPのページの名前順も裕翔くんが一番上だった。私はそれに何の疑いもなかったし、むしろ当たり前だと思っていた。裕翔くんが人気があるかどうかは現場に行けない私にとってはわからなかった。だけど、いわゆる"オキニ"であることだけはわかっていた。だから、当たり前だと思っていたのかもしれない。


その当たり前が崩れたセカンドシングル。これは色んなところで語られているから本人達の気持ちが当時のもうわかっている。だけど、私はとても悔しくて。当時はTVに出てもカメラ割りは不平等だったから映らないメンバーからしたら良い方だったことはわかっているけど、裕翔くんがとても心配になった。


JUMPは、寄せ集めのグループだったから、グループ自体に思い入れなんて最初はなかった。Jr.からデビューまで同じグループで頑張ってきたKAT-TUNやキスマイが羨ましかった。私もそういう風に応援したかった、と本気で思っていた。裕翔くんは馴染めているのか、圭人は大丈夫なのか、元々沢山歌っていたYaの2人は、J.Jで良い歌割りをもらっていた3人は、どんな気持ちなのかとか色んなことを考えた。彼らが納得していたとしても、考えてしまうし、元々そんなこと考えたくなかった。何より、裕翔くんが一番じゃなくなることを認めたくなかった。裕翔くんはセンターで、他のJr.よりヒラヒラの多い衣装を着てる、それで僕はここにいるのが当たり前、そんな裕翔くんを好きになったから、それ以外の裕翔くんを知らなかったから。


裕翔くんが好きだからJUMPを見る。裕翔くんが好きだから裕翔くんのページだけ読む。裕翔くんが好きだからJUMPも好き。裕翔くんに会うためにJUMPのライブに行く。ずーっとそんな感じだった。


裕翔くんが浮いている、メイキングで1人でいる、メイキングで映りすぎ、、

真夜中のシャドーボーイのとき、こんな話がよく出ていた。裕翔くんはみんなに嫌われているのか?裕翔くんは居場所がないんじゃないか?やまちねって騒がれすぎ!やまゆとは?


今となれば、解決している問題だけど当時はそれがとても嫌だった。裕翔くんだって頑張ってるのに!と幼い私は本気で思っていた。真面目すぎるところがあるし、お兄さんたちに甘やかされてたけど!と心配していた。


理想の息子出演、スパデリの発売。山田のバーターじゃんって思って、あんまりうれしくなかった。今考えると、バーターではないことはわかる。だけど、山田と最近仲良しそうな雰囲気がないこと、裕翔くんはJUMPで扱いづらそうにされていることで、あんな振り付けで、それでいいの?って思った。辛いんじゃない?って。裕翔くんがやまさんのことを本当に尊敬していて、好きなことはそんな中でも感じていて、それにもがいている裕翔くんを見るのがとても辛かった。趣味を広げて行くことも少し不安だった。


でも、裕翔くんがふっきれて、やまゆとの氷河期が終わった頃、私も少し大人になっていた。JUMPは大きなものになっていた。


本当に少しずつ、スパデリ以降少しずつ、裕翔くんのJUMPの中の立ち位置とかメンバーそれぞれが考えていることとか受け止められるようになっていった。裕翔くんだけじゃなくてJUMPが9人でやっていくこと、その覚悟をちゃんと見届けたいなぁと思うようになっていった。JUMPが危機感を持っていたこと、山さんが1人で抱えていたこと、みんなでやろうとダンスを揃え出したこと、見ていたようで見れていなかったんだなぁと反省した。


よく考えたら、唐突にグループを好きになるなんて無茶な話で、あの頃はそれこそメンバー全てのファンが戸惑ったと思う。私は子どもすぎて、その現実を受け止められなかったんだと思う。10年経って、紆余曲折あって、やまゆと終戦記念日があって。


Jr.の頃の関係性も、氷河期の関係性も、今の一緒にゲームする関係性も、お互いを認めているやまゆとがやっぱり大好き。



少し時間がかかったけど、私はHey!Say!JUMPのことが大好きになった。

今更の、応援スタンスについて。

さて、ブログを更新せずに日々が経ち、なんとか卒論も終わり(まだ学会とか色々あるけど)、けとぺとか読んで色々思うところがあったので今更感甚だしいですが私の応援スタンスの整理をします。自分のための整理です。




1. 男性アイドルと女性アイドル

私は、ジャニーズと48&ハロが好きです。ハロは最近再燃したんですが、ジャニーズと48は割と長いです。

・男性アイドル
女性アイドルより確実にお金を使う。ライブ多ステ、グッズ、CD、DVD等ですね。遠征もする。テレビもジャニーズばかり。

・女性アイドル
HKT48の行けるライブには必ず行く。握手会や写メ会など行く気になればCDを買う。公演DVDは買うが、ツアーDVDは高すぎて買えない。おでかけは毎週見るが、そのほか(akbingoなど)はほぼ見ない。ハロは無課金、公式YouTube見る。


違いはお金の掛け方かなぁ、と思います。女性アイドルはジャニーズと違って動画のコンテンツが公式でも多くあって無課金でも楽しめる範囲が広いように感じます。

家での作業BGMは100%ジャニーズのライブです。ご飯もしくはお菓子を作りながら聴きながら見ながら。時にはお酒を飲みながら。最高です。最高でしかない。


ただ、わたしはアイドルを応援する上で最も楽しい空間がコンサートだと思っているので女性アイドルでもお金をかけて参戦します。(AKBは推しが居ても、コンサート内容自体があまり、なものが多いので参戦しません)



2. 雑誌

急に1つの媒体に焦点を当てましたが、皆さん雑誌、買いますか?
わたしは、ほとんど買いません。(例外: 中島裕翔 an・an初表紙)
ツイッターでスキャン画像が回ってくるからか?とも考えましたがそうではなくて、買ってもあまり見ないし、なんなら家に物が増えることが好きではないということに気付きました。
以前、裕翔くんがJr.の頃は露出も少ないし(他のJr.よりは明らかに多かったですが)、実家にいてジャニオタの母がアイドル誌を買ってくれたこともあり、よく読んでいましたし整理もしていたので、雑誌の良さもわかるつもりです。もちろん、気になるものは買いますし、それがのちのちの楽しさになることは十分わかります。

でも、全アイドル誌もしくは多数を買うほどの余裕はないです。



3. 熱愛

最近もまた、熱愛報道が出てその界隈は大荒れのようですね。(ツイート覗きました)

個人的には、熱愛は平気なたちです。ただ、大事なお仕事の期間だったり、売り出し期間だったりすると、プロ意識的な観点でちょっとイラっとします。あと、警察沙汰はNG。

所謂匂わせな彼女はやめてほしいけど、私も彼氏を作って結婚する(予定)し、大好きな人たちにもぜひ幸せになってほしいと思います。
まあ、ファンが減ることは免れないようなので事務所との兼ね合いを考えなければならないのかもしれません。

あと、個人的には熱愛OKだからといって熱愛最悪!降りる!って騒いでる方々に説教しようとも思ってません。皆さんのスタンスがあると思うので。

(次の熱愛は同世代の女優さんだと嬉しいなー)



4. 追う時間とお金

ここを書くことがこの記事を書く一番の目的でした。

私は、アイドルは癒しである・ストレスの発散である・いつでも幸せをくれるものである、と思って生きています。
別にこれをアイドルに対して押し付ける気持ちはないですが。

そして、自分の生活が第一です。アイドルを追うことで得られるものも数多くあるけれど、実生活を違うことでも満たしたいと思います。

元々幼い頃から追っている夢があって、それは裕翔くんに出会った12年前より前から持っている夢です。その夢を叶えるために、上京させてもらったし、また、これから大学院に進学します。
この二年、その夢の端を少しだけど経験する機会があり、その機会がライブと被れば席が良くても譲って諦めました。

大学では部活を四年間やりましたし、部活のためにライブを諦めたこともあります。

だけど、あまり後悔はしてません。

夢を蔑ろにしてまで、部活で得られることを捨ててまで、お金をかけてアイドルを応援する意味がない、と思っています。アイドルはこれから先の私の生活を金銭的や経験的な意味で支えてくれるものではないからです。

あくまでも、アイドルは娯楽です。精神的に支えてくれるもの。

私は学生ですし、夢へ近づくための経験にはお金がかかります。上京や進学で更にお金がかかります。そんな中で何かを切り落としていかなければならず、精神的に一番楽なのはアイドルを削ることだと思っています。


アイドルが仕事をもらえるのは、載った雑誌やCDが売れるから、CMをした商品が売れるからということは分かっています。だから、たくさん買えないことに対する罪悪感はあります。雑誌の件はその一角です。買ってくれる方が居るから、トップに行く様子を一緒に見ていられる。
でも、表紙に載ったから、三冊も四冊も買えって言われるのは全く納得出来なくて。48の握手券もそういうものだと思うんですけど、何で一緒の人が好きだからといって強制されなきゃいけないんだろう、って思ってしまいます。

できる範囲以上のことをしてしまえば、アイドルを応援することが苦しくなってしまって本末転倒だと思います。だから、わたしは無理はしません。見るだけで幸せな気持ちになれる距離で生きたい。



一生このスタンスは変わらないと思います。ちゃんとした職につけたら十分なほど遠征したいけど、それは20周年の年も無理だと思います。(母になって居る予定)


たくさんお金はかけられないけど、裕翔くんのことがずっとだいすきだし、Hey!Say!JUMPが成長して行く姿をずっと見ていたいし、HKTがどうなっていくのかも見たい。


そして、わたしもちゃんと成長をしていければいいなと思います。

中島裕翔に恋に落ちた日

 

ジャニオタのはてなブログが面白すぎて読み漁り、わたしも書くに至りました。さやかです。
 
もの心ついたときにはもうジャニーズが周りにある環境でした。今はジャニーズアイドルが居なければ日々のたのしみは皆無です。
 
母がSMAPKinKi Kidsが好きだったために、連れて行かれていました。
 
初参戦は SMAP'00 "S map Tour"もしくは SMAP'01 "pamS Tour" です。
ウラスマに行った記憶はある。。。

KinKi Kidsのコンサートも光一さんソロコンも幾度となく行きました。
 
姉はKAT-TUNのオタクでした。(過去形なのはまた別の記事で書きたいものです)
 
わたしもいつか "担当" ができるのだろうかと雑誌を見ながら思い悩む。当時、小学校四年生。
 
運命の出会いは唐突です。
 
前述した通り、ジャニーズオタクな母と姉。アイドル誌が毎月5冊。おもむろに全ページ眺めるのが暇つぶしでした。
 
MYOJO 2005年 3月号。
 
今のMYOJOのジュニアのページについてはよく知りませんが、当時チビジュたちのページはふた回りほど小さな、質が少し落ちたものでした。雑誌の中にワンコーナー的な扱いでありました。(伝わるかな?)
 
そこでJ.J.EXPRESSとして載る中島裕翔くん
 
小学四年生にして小学五年生の裕翔くんを担当にしようと決めました。
 
当時、姉に
「ゆうとを担当にするの?」と聞かれた記憶があります。
 
なんでそんなにすきになったのか、顔が好みだったんでしょう。そして12年、ずっと裕翔くんのことが好きです。
 
今や凄まじい勢いの伊野尾慧も
ヒルナンデスの有岡大貴も
たぶん浅香くんもいたはず…
 
でも裕翔くんがよかったみたいです。
 
飛翔の翔が と 、と読めずに何度も確認しました。(笑)
 
好きになって、SMAP木村くんの月9、エンジンに大ちゃんとともに出演が決まりました。
SMAP大好き小学生にとってはとても嬉しい出来事でした。それに出てた夏帆ちゃんとあんなことになるとは思ってもおらず…(笑)
 
裕翔くんに恋に落ちた瞬間でした。